サイト内のリンク切れを自動でチェック!「Broken Link Checker」が便利。WordPressプラグイン情報

私の「WordPressでブログをはじめたら入れておきたいプラグイン」のうちのひとつ、「Broken Link Checker」をご紹介します。

リンク切ればかりだと欲しい情報にたどりつけなくて、ストレスが溜まります。ブログ内でリンク切れは無い方がいいですよね。
自分でチェックするのは大変なので、プラグインを入れて自動でチェックしてもらいましょう!

スミレ

ブロークンリンクチェッカーのおかげで、リンク切れにすぐに気がつくことができて楽ちんです!

プラグイン「Broken Link Checker」おすすめポイント

ブログ内のリンク切れを自動でチェックしてくれる

ブロークンリンクチェッカーは、その名の通りHTMLリンクがNotFoundになっていないか自動でチェックしてくれるプラグインです。
チェックする感覚も何時間ごとにするか、設定できます。

リンク切れを発見したらダッシュボードやメールで通知

リンク切れを発見したらダッシュボードやメールで通知してくれます。
(メール通知については設定で変更できます)

ダッシュボードではこんな感じで表示されます。

 

リンクURLの修正が簡単!記事に移動しなくても完了する

修正が必要なリンクがこのようにリンクチェッカーの画面に表示されます。
*複数ある場合は、同じ画面に一覧で表示されます。

URLの部分にカーソルを合わせると、「URLを編集」「リンク解除」「再確認」などのメニューが出て来ます

ここで、「URLを編集」を押すと直接リンクURLやテキストを変更することができます。
これは便利!わざわざ1つ1つの記事の編集画面に行って修正する必要がありません。

*一覧の方から各記事の編集に移動することもできます。

プラグイン「Broken Link Checker」の使い方や設定

1:プラグイン>新規追加からBroken Link Checkerをインストールして有効化

ワードプレスの管理画面の左のメニュー「プラグイン」>新規追加からBroken Link Checkerをインストールしてください。
インストールが完了したら「有効化」をしてください。

2:設定>リンクチェッカーから設定を行います

管理画面の 設定>リンクチェッカーから設定を行います

スミレ

かなり細かく設定することができます!

例えばこんな内容を設定できます。

  • 何時間ごとにチェックするのか
  • メール通知をするかどうか
  • チェックするリンクの種類

 

スミレ

サイトやブログの内容に合わせてカスタマイズしてください。
このブログはあまり埋め込んでいるものもないので、チェックするリンクの種類は「HTMLリンク」「画像」「埋め込みYouTube」くらい(初期設定のまま)です

さいごに

リンクチェックを自動化したことで、「リンク切れが発生しているかも」と言った不安から解放されました。また、リンク先のサイトのリニューアルや移転、URL変更に気が付いたり、古い記事に手を入れるきっかけになっています。

常に「ブログ内にリンク切れが無い状態になっている」というのは、とてもスッキリした気持ちになります。

スミレ

はてなブログからの移転の時には、外部リンクだけでなく内部リンクのチェックにも役立ちました!

記事やリンクが多い方ほど、助かるお役立ちプラグインです。